腰痛、肩コリ、首の痛み、手のシビレ、関節・筋の痛み、捻挫、打撲、肉離れ、交通事故、足の痛み、足のシビレなど。他院で治らなかった痛みもご相談ください。

症状別 施術内容

首:寝違い、むちうち、顎の痛みなど
肩:五十肩、肩関節周囲炎、肩板損傷、コリなど
肘:テニス肘、野球肘、上顆炎、回内筋症候群など
手首・手・ゆび:捻挫、突き指、腱鞘炎、手首の慢性的痛みなど
背中:背中・肩甲骨の痛み、猫背など
腰:ぎっくり腰、腰痛、分離・すべり症、足のしびれを伴う痛み慢性的痛み、腰コリなど
おしり:梨状筋症候群、坐骨神経痛など
膝:捻挫、膝蓋靱帯炎、鵞足炎、おさらの痛み、水がたまるなど
足首・足・ゆび:捻挫、慢性的な足・足首の痛み、かかとの痛み、アキレス腱炎、スネの痛み、扁平足、有痛性外脛骨、足底腱膜炎、モートン病、しびれ、軽度の外転外反母趾など
腕・脚:肉ばなれ、挫傷、しびれなど
産後骨盤矯正:産後に痛みが取れない、尾底骨の痛み、産後腰痛が出た、尿もれ、骨盤矯正しておきたいなど。ただ矯正して終わりではなく、痛み・ズレの原因になっている筋肉を探して治療したうえで矯正します。原因が”筋のゆるみ”の場合はエクササイズもご提案します。
矯正:骨盤、O脚、背骨など

※上記適用症状には保険適用外の症状もあります。詳しくはお問い合わせください。

ギックリ腰

検査をして炎症や肉ばなれした場所を特定します。ハイボルト治療や整体による経絡調整(ツボ調整)により、炎症を抑えて痛みを減らし回復を早めます。痛めた場所にテーピングをして鎮痛します。必要であれば包帯やコルセットで固定します。痛めてからすぐ治療した方が早く治りますが時間がたてば立つほど治りが遅くなります。

肩コリ

肩の使いすぎや運動不足により筋肉が固まったものです。慢性的な肩コリは疲労物質が停滞しその作用により筋肉が固まったものです。マッサージをして疲労物質を粉砕し散らし、ハイボルトで筋肉をほぐします。また原因が運動不足にある場合はEMSにより肩の筋肉をトレーニングして筋肉をつける根本治療をして予防します。

五十肩

一般的な五十肩は血行不良などにより肩関節の深いところにある筋肉(肩板)が炎症を起こして固まってしまったものです。また、使いすぎで痛めて炎症を起こしたものを放っておいて五十肩へ移行したものもあります。痛みで夜眠れないことが多いのでハイボルト治療で炎症を抑え鎮痛します。ひどい痛みがとれてからはストレッチングと関節の体操を行い固まった筋を解します。通院をしない自然治癒の場合は治るまで3年と言われています。

ヘルニア

脚や手にシビレや神経痛が出ている場合はハイボルト治療で神経に電気を流してシビレを緩和し、患部へ電気を流し炎症鎮痛します。固まった筋肉はマッサージ又はハイボルトで緩めます。また、予防治療をご希望の方は痛みが消えたらEMSで筋肉をつけていきます。

脊椎分離・すべり症

普段は痛みがあまり出ないのですが筋肉が疲労する又は筋力が低下してくると痛みが出ます。若い頃は痛みが出なくて60歳で筋肉が衰えてきた為に痛みが出て発覚する場合も多々あります。逆に言えば筋力があれば痛みを予防することができます。マッサージ・整体やハイボルト治療で痛みやシビレが消えた後はEMSで筋肉をつけることを強く推奨します。

脊柱管狭窄症

主に腰骨の老化で腰骨の中が肥厚し脊髄が圧迫されて症状が出ます。背中と腰の筋肉をマッサージするのが効果的です。シビレや神経痛が出ている場合にはハイボルト治療で神経に電気を流し症状を緩和します。痛みやシビレが消えた後はEMSで筋肉をつけることを推奨します。

坐骨神経痛

坐骨神経が圧迫され脚にシビレや神経痛が出る症状のことですので圧迫の原因を探し患部を治療します。脚にシビレや神経痛が出ている場合はハイボルト治療で神経に電気を流してシビレを緩和します。原因は腰部や殿部の筋の疲労、座位を取りすぎたもの、脊柱管狭窄症やヘルニア や分離・すべり症のものなどがあります。

足底腱膜炎

足の裏の筋肉を使いすぎたことによりかかとや筋肉で炎症を起こすものです。起床の歩き始めに痛みが強くしばらく歩いていると楽になるのが特徴です。ハイボルト治療で消炎鎮痛しテーピング又はインソールで安静を保ちます。足底腱膜炎でお悩みの方が多くいらっしゃるようで当院には非常に多くの患者様がいらっしゃいます。

アキレス腱炎

足首の使いすぎでアキレス腱周囲で炎症を起こしたものです。足関節の骨の位置関係がズレているものは整復(骨の位置関係を元に戻す)し、ハイボルト治療で消炎鎮痛しテーピングします。なかなか改善がみられない場合はインソール製作し様子をみます。

かかとの痛み

足底腱膜炎またはアキレス腱で炎症を起こし、かかとに痛みが出ているものがほとんどです。

足・足首の痛み

原因不明と言われる足・足首の痛みで多いのはジャンプした時や階段の下りで痛めていたが足を捻ってない為原因に自覚がないものです。また過去に捻挫をした時に骨の位置関係がズレてそのままになっている方もいらっしゃいます。足関節を整復(骨の位置関係を元に戻す)する治療を行います。

モートン病

つま先の骨の間の神経が炎症を起こし腫れたものです。中ゆび薬ゆびにシビレや痛みが出ます。ハイボルト治療で神経の腫れをとりテーピングをします。なかなか改善がみられない場合はインソール作製し様子をみます。

TOPへ